Archive for 7月, 2013

フィギュアのメーカーはどこが人気?

フィギュアのメーカーについてですが、少し前までが海洋堂が絶対人気でしたね。
フィギュアといったら海洋堂。
みたいな感じでした。

しかし今ではフィギュアの市場も年々拡大しており、
次々新しいメーカーも参入してきますね。

一般的なアニメでいうと、人気フィギュアメーカーは、
・グッドスマイカンパニー
・アルター
の2社でしょうか。
この2社はクオリティが非常に高いのでかなり人気がありますね。

もちろんアニメごとに各メーカーの得意ジャンルや力を入れているアニメによって違うのですが、
平均すると上の2社が人気なのではないでしょうか。

一時期トップに君臨していた海洋堂はあまり人気がなくなってきていますね。
やはり様々なメーカーが参入して競争が激しくなると減退していくメーカーもありますよね。

交渉楽しかった!

車の査定で交渉してきました。
かなり長引きました。
みなさんは査定の際にちゃんと交渉していますか?
査定はほとんど相場が決まってしまっているので、軽い点検だけで終わります。
では何に時間がかかるのか。
ということですが、交渉に結構時間がかかるんですよね~

業者は安く買いたい
依頼者は高く売りたい

もちろんこういう構図になってしまいますので、
中々商談もまとまりませんよね。

ではどうすれば商談がまとまりやすいのか。
ですが、
お互いが利益があること。
が絶対条件ですね。

本質的には互いに利益がなくても、
お互いが利益があると認識できればいいのです。

つまり相手を納得させることですね。交渉の秘訣は。
まあこれが難しいのですがね。

車の寿命っていつ?

日本では車の寿命というと、10年落ちや10万キロと言われていますね。
でもこれって寿命ではなくて買い替え時の目安でしかないんです。
10年落ちや10万キロ前後から各部のパーツの交換や不具合、修理が多くなってきます。
ですので日本ではこれを目安に買い換えている方が多いですね。

さらには、10年落ち、10万キロというと、
一般的に査定額がつかないラインとも言われています。
この理由はやはり上記で記載したとおり、修理や交換が多くなり費用がかかる時期だからです。
ですので、そのくらいの車になると買い手がなかなかつかないため、査定額もつきにくくなってきます。

では車の本当の寿命ってどのくらいなんでしょうか。
実はないんです。
車はいろいろな部品でできあがっています。
部品の総数は100を超えますので、各部の寿命はあっても、車全体の寿命はないんです。
各部の寿命の際に、パーツを交換してあげればいつまでも乗り続けることができます。

しかしこれは費用を気にしない。
ということが前提です。

いつまでも乗れますが、新車を購入するのと同じくらいの修復費用がかかってしまいます。
そうなる前にもちろん新車に買い替えたほうがお得ですよね。

ですので車の寿命は自分がいつまで乗るのか。
ということだと思います。

携帯は保管しておいても意味がない

機種変更した場合、前の携帯電話を保管しておく方って多いですよね。
5~10年くらい前ですと、携帯間のデータの移動が困難でしたので、
思いでの画像やメールなどを残しておくために、携帯自体を保管しているという方が多かったです。

その当時は上記のような理由で携帯を保管しておく。
ということ自体は理解できるのですが、今って意味ないですよね。

携帯間のデータの移動が難しかった昔と比べ、
今は簡単にデータの移動ができるようになっております。

赤外線送信やSDメモリーカード、さらにはPCに取り込んで携帯間で移動することもできますので、
前の携帯を保管しておく意味がないです。

確かに携帯電話機自体は高級なものですよね。
発売されたばかりのモデルなどは1台5~7万円程度しますので、
処分するのにもためらう方が多いでしょう。

また、携帯電話は生活の必需品となっており、
1日1回も携帯に触れない人っていないと思います。
携帯を所有していない方は触れるに触れれないと思いますが、
何かしらの理由があって、1日1回は携帯に触れているのではないでしょうか。
それが理由で、毎日触れるものだから愛着が湧くというのもわかります。

しかし保管しておいても意味がないですので、
使い終わった携帯は買い取りしてもらうようにしましょう。

バイクは嫌がられる?

バイクが嫌いな人って多いですよね。
確かにうるさいですし、蛇行運転している方も結構います。
早朝なんかにバイクの音を聞くといらっとしますよね。

しかし、これって車を所有していない人から見ると、
車でもうっとおしく感じるのではないでしょうか?

バイクを所有していない車の所有者はバイクを嫌って
車もバイクも所有していない歩行者はどちらも嫌う

どっちもどっちってことですね。
バイクは暴走族なんかも乗るので、バイク=悪 と捕らえている方も多いかもしれません。

ただ運転のマナーだと思います。
バイクを乗っている人はマナーが悪い人が多いですよね。
車でもマナーが悪い人ももちろんいますが、バイクはやっぱりそういうのが多いと思います。

嫌でも音が大きい乗り物なので、乗り手のマナーが重要になってきます。

蛇行運転しない。
煽らない。
信号待ちで無理に車をすり抜けて前にいかない。
早朝、深夜の住宅街ではバイクを押して歩く。

上記のようなマナーの良い行動が必要です。
バイクの乗り手がそれぞれこれを意識することによって、
自然とバイク乗りのイメージも良くなっていくのではないでしょうか。