車の寿命っていつ?

日本では車の寿命というと、10年落ちや10万キロと言われていますね。
でもこれって寿命ではなくて買い替え時の目安でしかないんです。
10年落ちや10万キロ前後から各部のパーツの交換や不具合、修理が多くなってきます。
ですので日本ではこれを目安に買い換えている方が多いですね。

さらには、10年落ち、10万キロというと、
一般的に査定額がつかないラインとも言われています。
この理由はやはり上記で記載したとおり、修理や交換が多くなり費用がかかる時期だからです。
ですので、そのくらいの車になると買い手がなかなかつかないため、査定額もつきにくくなってきます。

では車の本当の寿命ってどのくらいなんでしょうか。
実はないんです。
車はいろいろな部品でできあがっています。
部品の総数は100を超えますので、各部の寿命はあっても、車全体の寿命はないんです。
各部の寿命の際に、パーツを交換してあげればいつまでも乗り続けることができます。

しかしこれは費用を気にしない。
ということが前提です。

いつまでも乗れますが、新車を購入するのと同じくらいの修復費用がかかってしまいます。
そうなる前にもちろん新車に買い替えたほうがお得ですよね。

ですので車の寿命は自分がいつまで乗るのか。
ということだと思います。

Leave a Reply